人気ブログランキング |

ナラティヴ研究会主催者のエッセイとお知らせ


by masanao1956

<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ナラティヴ研究会の皆様へ

次回の研究会は、平成21年4月10日(金)となりました。

<2月の研究会のご報告>
2月の研究会では、勝又正直先生から、
カント・ドストエフスキー・バフチン-ドストエフスキーの作品理解のために-
というテーマでお話いただきました。
カント哲学のアンチノミー、そしてカントの影響をカラマーゾフの兄弟が受けているという説、
更にドストエフスキーの全作品史を振り返り、内部対話とその展開などについてもお話いただきました。
深く厚い内容のご報告、ありがとうございました。


<次回4月の研究会のご案内>

日時 平成21年4月10日(金曜日) 19時から

場所 名古屋市立大学看護学部棟 306演習室(3階奥)

話題提供者 長根山由梨さん(名古屋市立大学文化人類学専攻)

テーマ 彼氏がうつになったとき-「私はどうする?」

今回は、べテルの当事者研究を範とした彼女の卒論を話題として提供してくださいます。
長根山さんは、ノンルア・ゼミ(野村先生のゼミです。「餌が付いていない」という意味だとか)に所属され、この3月に名古屋市立大学を卒業される方です。
そのため研究発表という形よりは、彼女のユニークな発想と研究経過をお茶のみ話としてする
という雰囲気の中で研究会を行ないたいと思います。
彼女の卒論はべテルの方法論にこだわった質の高いものであり、参加される方々には何かの研究上のヒントになるか思います。

以上です。

(事務局 山本)
by masanao1956 | 2009-02-25 12:18
平成21年3月14日に開催されるベイトソン・セミナ(東京)のご案内です。
参加を希望される方は、下記のアドレスに直接ご連絡ください。
(事務局 山本)

**********************
第36回 ブリーフ・セラピー研究会主催定例研究会
テーマ:「ベイトソン・セミナー」
講師:野村直樹
    名古屋市立大学 大学院人間文化研究科
日時:2009年3月14日(土)10:15~17:00
**********************

■ご案内
「20世紀最大の思想家」といわれるグレゴリー・ベイトソンが今日の臨床科学
に及ぼした影響は大きい。生物からヒトの社会まで射程に入れたベイトソンの認識
論をもとに臨床科学はこれまで理論と技法の目覚しい発展を見せた。逆説的介入から
ナラティヴ・セラピーまで、ベイトソンと無縁のできごとはほとんどない。その
理由は、コミュニケーション、学習、生存、変化、客観性など、必ず直面し避けて通れな
いテーマがあるからだ。臨床科学はこれからもベイトソンという豊かな鉱脈から貴
重な資源を掘り当てていくだろう。そういうベイトソンの魅力に再度迫ってみたい。
このセミナーの目的はベイトソンについて物知りになることではない。
課題について対話的思考を経験すること。また、自分という土壌でベイトソンの
認識論(how to think)という種子を植え育ててゆくこと。
したがって、「自分は分かっていないから」と遠慮する必要はまったくない。
進んで参加し手を挙げてもらえればと思っている。

【セミナーの形式】
セミナーの形式は、午前中の講師紹介とレクチャー、午後の討論、ディスカッ
ションで構成されます。午後は参加者の一人が『精神の生態学』の中の論文を一つ選び
ラフなレジメを書き、簡単に発表、話題提供頂きます。それを起点に討論、
ディスカッションを始めます。
 
参加者は全員発表者が決めた論文に前もって目を通すことが求められます。
参加予定の方々と、当日の約1ヶ月前からメールで通信を始めます。
なおレジメの用意をしてもいいという人は応募時にお知らせ下さい。
論文選択の事前の打ち合わせをします。

(*スタッフより:当日使用論文に関して、「精神の生態学」をお持ちでない方
にはPDFファイルなどでご事前に送付いたします。)

■プログラム
午前中10:15~
1.講師自己紹介
2.話題提供 「ベイトソンの魅力」
午後13:45~
3.参加者のレジメ発表
4.ディスカッション
5.参加者からの印象を聞く

■講師:野村直樹

■講師紹介:
名古屋市立大学 大学院人間文化研究科 教授
サンフランシスコ州立大学卒業 コミュニケーション学 M.A.
スタンフォード大学大学院博士過程卒業 文化人類学 Ph.D 

著書
『やさしいベイトソン』(金剛出版, 2008年, 単著)
『ナラティヴと医療』(金剛出版, 2006年, 共編)
『セラピストの物語/物語のセラピスト』(日本評論社, 2003年, 共編)
『ナラティヴ・プラクティス[現代のエスプリ433]』(至文堂、2003年、共編)
H.アンダーソン著 『会話・言語・そして可能性』(野村直樹他訳、金剛出版、2001年)
『ナラティヴ・セラピーの世界』(日本評論社, 1999年, 共著) マクナミー他編 
『ナラティブ・セラピー 社会構成主義の実践』(野口、野村訳、金剛出版、1997年)

■日時:2009年3月14日(土)10:15~17:00(開場:9時45分)
■会場:
ホットプラザはるみ  http://www.chuo-hot.com/
住所:中央区晴海五丁目2番3号
電話:03-3531-8731
■定員:30名
■主催:ブリーフ・セラピー研究会
■参加費:¥4000(税込)
※お申し込み後、折り返し振込口座をご連絡いたします。
お手数ですが事前のご入金をお願い申し上げます。
■参加資格:ブリーフ・セラピー研究会会員
受講されたい方は会員になっていただきます。
年会費3000円/税込(今回新規ご入会の方は2010年6月末日まで会員です)
※2009年度[「ベイトソン・セミナー」以降にご入会いただいた皆様につきましては
2010年6月末日まで会員の権利が継続されます。
■お申込み先: briefcoaching@yahoo.co.jpこちらへ以下の項目をメールにてご連絡下さい。
1.氏名
2.メールアドレス
3. 所属コーチ団体または企業名
4.懇親会参加・不参加(どちらかを削除下さい。)
5.研究会タイトル:ベイトソン・セミナー
(2月の「ダブル・バインド」との混乱回避のため記入下さい)
■主催:ブリーフ・セラピー研究会
■顧問:若島孔文、石黒康夫、吉田克彦
■運営スタッフ:山口博三、谷口祥子、國井あや子、松本承子、細谷博之、大部聡子、村野秀子
by masanao1956 | 2009-02-25 12:16
ナラティヴ研究会の皆様へ寒い日が続いていますが、体調をくずすことなくお過ごしでしょうか?

次回の研究会が近づきましたので、詳細をご連絡いたします。

日時:平成21年2月6日(金) 19:00~

場所:名古屋市立大学看護学部棟 306演習室(3階)

レポーター:勝又正直先生

題目:「カント、ドストエフスキー、バフチン 
   ~ゴロソフケルのドフトエフスキー論を起点にして~」

参考文献:
ゴロソフケル著(木下豊房訳)『ドストエフスキーとカント』(みすず書房)

ミハイル・バフチン著(望月哲男・鈴木淳一訳)『ドストエフスキーの詩学』(ちくま学芸文庫)

以下は勝又先生からのコメントです。

「できたらバフチンの『ドストエフスキーの詩学』(ちくま学芸文庫)を読んでおいてください。またドストエフスキーの長編『罪と罰』、『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』のうちどれかを読んできてくださると私のつたない報告でも楽しむことができると思います。」


事務局 山本
by masanao1956 | 2009-02-01 09:22